石巻から0415

石巻から0415 へのコメントはまだありません

4月15日
入浴サービス最終日です。時間も片づけの関係上PM1:00まで。
朝からびっくり!お湯運送チームの御帰還がとんでもなく早い!
最終日だからと、頑張ってくれたのでしょう。
何時にスタートしてくれたのかは訊きませんでしたが、
きっとほとんど寝ていないはずです。
しかも帰りに約1000km運転しなければならないのに・・・
スタッフ全員が被災地への情熱だけで行動しています。

P4150266

前日の出来事で書かなかったことを書きます。
アイナカさんから、
たかやんのテントで子供らが遊んでんで!
と言われ、見に行ってみると、
やってる、やってる、
キャーキャーワーワー。
3人がとても楽しそう。
テント倒壊の危機かと思うほどの元気の良さ。
広く使わせてあげようと、テントの中の荷物を整頓。
するとある男の子がおもちゃの取り合い。
子供同士ではよくあること。
一人の男の子が、3つのおもちゃの内2つを持ったまま他の子に貸さない。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
年のころは3人とも4歳程度。
残った一つは女の子が持ってしまうと、もう一人の男の子はおもちゃで遊べない。
それでもしばらくおもちゃの取り合いが続く。
仕方がないので、おもちゃの当たらない子に、
おじちゃんが抱っこしてあげよか?
と言うと、うれしそうに答えてくる。
次の瞬間他の2人も抱っこをおねだりしてくる。
おじちゃん3人の抱っこは無理だから、
一人はおんぶしてあげる。
と言うと、全員がおんぶをおねだりしてくる。
この子たち、見かけは元気だけど深い傷を負っている事に気がついた。
こんなやり取りが15分ほど続きふと気がついた。
子供たちの胸には、名札が付いている。
フルネームの名札の子もいれば、
ガムテープに手書きのマジックでTちゃんと書かれている子もいる。
そうか、ニックネームだけの子は所在を説明してくれる人が周りにいない子なのか?
一見友達同士に見える子供同士も、避難所で初じめて出会いあそんでいるようだ。
だから、本人がしゃべること以上の情報がない。
Tちゃんいくつかな?と訊くと、
周りにいる子が、Tちゃんは4歳らしいよ!と答える。
もう一度Tちゃんに同じことを聞くと、
Tちゃんは、自分の口をちょんちょんと人差し指で軽くたたいた。
その瞬間、胸が締め付けられる想いで、彼を抱きしめた。
Tちゃんは口がきけない(涙)
ひょっとすると、震災とは関係ないのかもしれませんが、
変な憶測が頭をよぎり、この子たちが不憫に思えてならない。
今の僕には、この子たちを抱きしめてやることしかできない。
そんな自分のちっぽけさに、悔しさだけが湧き上がってくる。
そういえばこの子、遊びに来るたびに、履いている靴が違う。
全て大人の靴。
初日に「おばあちゃんの靴、どこにやったのよ!!ほんとにこの子は!!」
すごい剣幕でしかりつけたお母さんに、
まあまあ、となだめたのを思い出した。
その時の子がこのTちゃん。
おかあさんじゃなかったんだ(涙)
元気の出るお風呂も閉店寸前。
活動4日間でTちゃんは、誰か大人と一緒にお風呂に入りに来ることはなかった。
事情を把握するのに最低数日は必要なことを知った。
悔しい。わかっていれば・・・
この子たちに何もしてやれなかった。
それが心残りです。
2011.04.15
つづく

コメントを残す